矯正歯科 岡崎市かない矯正歯科医院

木曜・日曜・祝日休診 AM10:00~PM1:00 PM2:30~PM7:00 0564-25-0505

治療費について

矯正治療の費用

初診相談料 ¥3,500(+消費税)
検査診断料 ¥50,000(+消費税)
I期治療費 ¥250,000〜¥450,000(+消費税)
II期治療費 ¥650,000〜¥900,000(+消費税)
  • 治療費には、治療開始より装置撤去、保定装置装着までの全ての費用(来院毎の処置料、脱離した装置の再製作料、口腔衛生指導料、一般的な補助的装置料、保定装置料など)が含まれます。
  • 審美的装置を使用した場合(II期治療のみ)、以下の費用がII期治療費に加算されます
セラミックなどの審美的装置料 ¥50,000(+消費税)
舌側矯正法  上顎のみ ¥250,000(+消費税)
舌側矯正法  上下顎 ¥450,000(+消費税)
  • I期治療後、II期治療を必要とする場合、II期治療費より、お支払いいただいたI期治療費の1/2相当を減じます。
保定観察料 ¥5,000(+消費税)
定期観察料 ¥2,500(+消費税)
  • 保定観察中は保定観察終了時および予後観察終了時に、定期観察中は1年に1度、レントゲンを撮影します。
    レントゲン代として¥4,000(+消費税)×枚数(通常2〜3枚)が必要になります。

治療費の補助・保険が適用される矯正治療

顎変形症の方

顎変形症とは、上顎骨と下顎骨の3次元的位置関係のずれが大きく、歯の移動とともに、外科手術による顎骨の移動を併用する外科的矯正治療が適応となる症例です。

治療の後半に外科手術が加わる以外、通常の矯正治療の進行と大きな違いはありません。
通常1〜2年の矯正治療の後(術前矯正治療)、2〜3週間の入院・手術を経て、6ヶ月ほどの矯正治療(術後矯正治療)にて、細かい仕上げを行います。

外科手術は口腔内より行いますので、術後顔に傷が残ることはありません。

外科的矯正治療は、不正咬合の原因である顎骨のずれを改善できるので、歯の負担を少なく、健康的なかみ合わせを作ることが出来ます。また、顔貌の大きな改善が望めます。
反面、入院・手術が必要であること、手術は全身麻酔下で行われること、まれに、唇などに部分的なしびれがでることがあるなどが短所として考えられます。

当医院は「歯科矯正・顎口腔機能診断施設基準適合医院」です。顎変形症の診断で、外科的矯正治療を受けられる場合、その矯正治療は保険が適用されます。

口唇裂 口蓋裂の方

当医院は「自立支援医療(育成医療・更生医療)指定医療機関」です。口唇裂、口蓋裂の方は、当院で矯正治療を受けられると、自治体から治療費の補助が受けられます。

厚生労働省の定める特定疾患の方

厚生労働省の定める特定疾患に診断された場合、その方の矯正治療は保険適応となります。

診療日カレンダー

Calendar Loading
Calendar Loading

診療時間:AM10:00~PM1:00 PM2:30~PM7:00

一般社団法人日本歯科矯正専門医学会
与五沢矯正研究会